アーカイブ
カテゴリー
白血病の症状

大病院のロビー

白血病とはがんの一種です。
一般的には「血液のがん」とも呼ばれています。
白血病細胞が血液中に溢れだし、正常な血液細胞が減ることで様々な症状が出てしまう病気です。不治の病というイメージが強い病気ですが、現在では治療によって完治することも多い病気です。

白血病の主な症状としては、貧血や易出血症等があります。
それ以外にも、各臓器へ転移する事で、発熱や骨痛、頭痛や意識障害等が起こる場合もあります。
これらは白血病特有の特徴的な症状ではないため、気づきにくく発見が遅れる事も多くあります。
そのため、自分では気付かずに、病院の定期検診などで発覚することも多いようです。

治療の内容

白血病の病院での治療方法についてですが、これは化学療法が行われるのが基本となっています。
化学療法とは具体的には、抗がん剤を用いた治療という事です。
抗がん剤を投与する事で、遺伝子変異をした造血細胞の増殖を抑制するのです。
他にもこの病気の治療方法としては、骨髄移植や臍帯血移植が有名です。
患者と型の合う健康な人の骨髄や臍帯血を移植するという方法です。
しかし、この方法はとても過酷で、患者への負担が大きい事でも知られています。
場合によっては、治療そのものが死亡の原因となってしまう場合もあるのです。
そのためこの方法は、抗がん剤等が効きにくくなると言われている再発の場合や、今までの経験上で再発の可能性が高いと考えられる場合等に用いられます。

オススメリンク

白血病の治療について知っておきたいならこちらのサイトをチェック!:白血病治療.com

良い病院選び

白血病とは、いわゆる血液の癌です、癌になるとどうなるかというと無制限に分裂して細胞の数を増やしてしまいます。
通常では細胞は分裂を繰り返しているのですが必要な数になるとそこから先は分裂しRead more

治療法の工夫

その人に最適な治療法を見つけたならば、しっかりと処置を受ける方向で調整していくことが大事です。
患者本人の納得さがこういった場面では大きなポイントになるため、安心できるような環境をこれまRead more

関連リンク

カレンダー
2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930